Special Interview
#005
モデル / uraku
July 2th, 2018
1979年東京都出身。
10代よりモデルとして活躍する。アメリカの美術大学にてアパレルを専攻。現在はモデルの他、日本の美的感覚を次世代に手渡すと同時に現代のライフスタイルに合わせた提案を国内外に向けて発信していくユニット「uraku」としても活動中。
http://www.urakutokyo.com/
1
WORK

受け継がれる日本の伝統工芸を育んだ美意識を
次世代に伝えていく「uraku」を結成

  • Q.モデルとして活躍し続ける中、「uraku」をスタートしたキッカケとは?

    2014年ころスタートしました。日本の神社や歴史が好きな友人がおり、興味が同じということと私が運転が大好きなので、2人でよく色々なところに遠出していたんです。その友人が「uraku」の相方です。旅を続ける間に素敵な出合いやご縁もあり、日本の地方の伝統工芸、風景などに触れ、その中に改めて日本の美意識を強く感じたんです。

    その後、三重県の鈴鹿市にある「椿大神社」に2人で足をのばした後、「失われつつある日本の伝統工芸や手仕事の美しさ、それを感じる美意識を世に広めるお手伝いをしたい」と強く思ったんです。驚くことに、相方もまた全く同じタイミングで同じことを思ったそう。伝統工芸は敷居が高かったり、そもそもあまり知られていない技術や伝統も日本にはたくさんあります。そういったものを、うまくこのご時世に伝えていけたらいいなぁと思い、「uraku」を結成しました。

  • Q.「uraku」の活動内容について教えてください。

    ありがたいことに、動き出してすぐに色々なご縁が繋がっていき、日本中の手仕事や美意識を世に伝えていくという活動が少しずつ形になってきています。

    例えば、「ROPE ETERNAL」にてイベントやポップアップショップなどを開催しています。色々な素晴らしい手仕事をこちらからご提案させて頂き、その中から「ROPE ETERNAL」さんに選んでいただき、一緒にイベントやセミナーを開催しています。

    また、メルセデス・ベンツのH.Pにて「SHE’S MERCEDES MEETS JAPAN」という連載をurakuで担当。色々な職人さんにお会いしに行く旅連載なので、ここで素敵な方々をご紹介していけたらと思っています。

    今でも「uraku」の相方とは、仕事関わらずプライベートでも、興味を感じたところには足をのばしています。“旅”は私たちの中でとても重要な存在。職人さんたちに直接お会いしてお話したり、作品を拝見したり、そういう中でまたアイディアもご縁もどんどん広がっていき、これからやりたいことがたくさんあります。

  • 「Mercedes-Benz LIVE!」にて更新されている「SHE’S MERCEDES MEETS JAPAN」連載。
    https://mb-live.jp/shes-mercedes/shes-mercedes-meets-japan/
    Photo : 浜野智(glife)
  • Photo : GIRAFFE
    Edit & Text : Maki Kakimoto